注目の生放送

叡王戦の概要

棋戦概要
全棋士、女流棋士1名、アマチュア1名によるドワンゴ主催の将棋タイトル戦。
段位別で予選を実施し、本戦トーナメント決勝進出2名で七番勝負を行う。4勝した棋士が「叡王」の称号を獲得。
スケジュール
[段位別予選] 6~10月に実施(予定)
[本戦] 11月~翌年1月に実施(予定)
[七番勝負] 翌年3~5月に実施(予定)
段位別予選
[ルール] 持ち時間1時間(チェスクロック方式)/消費後は秒読み1分
[段位別予選枠数] ・九段5名、八段3名、七段2名、六段2名、五段2名、四段1名(合計15枠)
・佐藤天彦叡王は本戦から出場。
・女流棋士1名、アマチュア1名は四段戦での出場
[対局開始時間] 対局は同日に2~3局を実施
3局の場合①10時~、②14時~、③19時~
2局の場合①14時~、②19時~
本戦
[対局者] 佐藤天彦叡王と段位別予選の勝者15名
[ルール] 持ち時間3時間(チェスクロック方式)/消費後は秒読み1分
[対局開始時間] 1日1局を実施。対局開始時間は後日公開。
七番勝負
[ルール] 【第1局・第2局】と【第3局・第4局】と【第5局・第6局】と【第7局】で、対局の持ち時間を変更して行う。
[持ち時間(の種類)] A 持ち時間1時間 B 持ち時間3時間
C 持ち時間5時間 D 持ち時間6時間
※全てチェスクロック方式/消費後は秒読み1分
[持ち時間の振り分け] 【第1局・第2局】【第3局・第4局】【第5局・第6局】のいずれかに、
持ち時間1時間(A)、持ち時間3時間(B)、持ち時間5時間(C)が振り分けられ、
【第7局】は、持ち時間6時間(D)で行う。

第1局から第6局までの持ち時間は、振り駒を受けて、対局者が決定する。
振り駒
上位者の振り歩先で行い、「歩」が多かった場合は、上位者が第1局・第3局・第5局で先手。「と」が多かった場合は、上位者が第2局・第4局・第6局で先手となる。
また、第1局で先手となった対局者が【第1局・第2局】の持ち時間を決定する権利を持ち、第1局で後手の対局者が、【第3局・第4局】の持ち時間を決定する権利を持つ。

[第1局・第2局] ① 第1局・先手の棋士が
持ち時間 1時間(A)・3時間(B)・5時間(C)の中から1つ選択し決定
[第3局・第4局] ② 第1局・後手の棋士が
①で選択されなかった持ち時間のどちらか1つを選択し決定
[第5局・第6局] ③ ②で選択されなかった持ち時間に決定
[第7局] 持ち時間6時間
第4期以降の叡王戦
全棋士と女流棋士1名、アマチュア1名による段位別予選・本戦トーナメントを行い、優勝者が挑戦権を獲得。
叡王と挑戦者が七番勝負を行い、4勝した棋士が「叡王」の称号を獲得。
主催
ページトップへ